主婦のパートやアルバイトが増えています

主婦がパートで働く時の気になる事は扶養の範囲です。

パートで働くボーダーラインと言われている年収について

主婦のパートやアルバイトが増えています 主婦がパートで働く時の気になる事は扶養の範囲です。ボーダーラインを知る事は重要な事です。配偶者控除は妻が無収入の場合には、夫が支払う税金に配偶者控除を受ける事ができますが、妻の年収が年間103万円以下の場合に適用されます。妻がパートで働いていても年間収入が103万円以下の場合には夫の税額は増えないという事になりますが、妻も自分の所得税と住民税は払います。

年間の収入が130万円を超えた場合には妻は夫の扶養から外れて、自分で健康保険に加入し国民年金保険料を納める事になります。妻のパート先の健康保険や厚生年金に加入すれば半分は事業主負担があるのでまだ楽ですが、自分ですべて加入する場合には重荷となります。ただし妻の年収が141万円までは配偶者特別控除があるのでいきなり控除が0円という事にはなりません。

パートで働いている主婦の人達は月に3〜8万円稼ぐ人が主流になっていて、平均では5〜7万円くらいで年収に換算すると60〜84万円になりますが、東京では120万円を超える事があるなど地域によって年収には差があります。フルタイムに近い状態でパートをしている場合には、勤めている会社の健康保険や厚生年金保険の加入は強制加入になる場合もあります。

オススメワード

Copyright (C)2019主婦のパートやアルバイトが増えています.All rights reserved.